プログラミングで大学や専門学校に入学した人が社会で成果を出すために必要なこと。

大学と専門学校のどちらでプログラミングを学ぶべき?

プログラミンを学び将来的にゲームの作成やシステム開発をしたい人は、プログラミングの専門学校に進学するか、大学の工学部に進学してプログラミングを学ぶことになるでしょう。その際にどのような基準で進路を選択すれば良いのでしょうか。まず、専門学校は実技がメインになり、社会に出た時に即戦力となるような人材を育てます。そのため、日々の仕事に対応出来るようなスキルを習得することができます。一方で大学は、コンピューターの構造から実技まで行い、将来的に管理職になるような人を育てるために、かなり深いところの知識を、座学によって習得します。専門学校を卒業して就職した人よりは実技の面で能力が劣る場合が多いですが、知識は豊富ですので、管理職に将来的になる確率が高いのは、大学卒業の人が多いです。大学と専門学校でそれぞれメリットがありますが、結局どのレベルまで知識を収録するかは自分次第になりますので、大学でも専門学校でも自分次第で出世をすることができますので、あまり大差はないです。

大学卒も専門学校卒もプログラミングの技術は同じ。

大学と専門学校のどちらを卒業したとしても、プログラミングの技術にはあまり大差ないと言われることがあります。大学や専門学校では仕事で役立つような、本当に実践で役立つようなレベルまでは教えていないため、会社に就職してから本当のスタートだともよく言われます。最近では中学生や高校生でも実践経験が豊富で優秀なホワイトハッカーなどもいますので、学校がどのような環境であれ、きちんと自分自身で実戦経験を積むことが必要になります。その上で、専門学校や大学で知識をきちんとみにつけることが出来れば、社会人になった時に即戦力として活躍することができます。

ゲームの専門学校は、ゲームクリエイターを育成する学校です。デザイナー、プログラマー、ディレクターといった様々な役割を勉強します。